インプラント治療

診断から埋入手術は経験豊富な口腔外科医が担当させていただきます。
上部構造(かぶせ物の歯)は噛み合わせの歯科医師担当と、チーム歯科医療により安全・確実な精度の高いインプラント治療を実現しています。

インプラント治療とは

失ってしまった自分の歯の替わりに人口の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を入れて噛み合わせを回復する治療法です。部分的に歯を失った場合や、ハイドロキャスト法入れ歯でも安定が困難な総入れ歯の方にも適しています。

インプラント治療の順序

  • 1.診察と治療計画
  • 2.フィクスチャー埋込
  • 3.治療期間
  • 4.アバットメントの連結
  • 5.人工歯の装着
  • 6.メンテナンス
1.診査と治療計画
治療の成否を分ける大切なステップです。お口の状態や全身の健康状態など綿密にチェックをして計画を立てます。
必要に応じて時には連携病院でCT撮影をしていただき万全の術前診査をいたします。
2.フィクスチャー埋込(1次手術)
歯の根に相当する部分のインプラントの部品(=フィクスチャー)を顎の骨に埋入する手術を行います。
局所麻酔を用います。
3.治療期間
この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。(3~6ヶ月)
※この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。最近では、フィクスチャー埋入後すぐに上部構造を入れて噛めるようにする治療法もありますが、当院では安全・確実な治療結果を得るためにあえてこの治癒期間を設けさせていただいております。
4.アバットメントの連結(2次小手術)
歯の土台(アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
5.人工歯の装着
通常のかぶせ物のように、型をとり人工歯を作製して装着します。
6.メンテナンス
インプラントを長持ちさせるには、ホームケアと定期健診がとても大切です。しっかりお手入れをして、インプラントを守っていきましょう。

ページの先頭へ